読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリウッド版『Ghost in the shell』に期待してること。

ghostshell.jp


小出しにされてた予告編から、ついに公式サイトが公開されてた。

まだまだ情報は少ないないが来年春公開の映画としては思い入れが強いので、
ぜひとも、高音質&大きなスクリーンで観てきたいと思う一作である。

元々、私は『MATRIX』の方を先に観ていて、『攻殻機動隊』は後追いした形だ。
まず『押井版:Ghost in the shell』、その後にTV版シリーズを見た私は
完全に『MATRIX』を忘れるほどのインパクトを受けた。
『MATRIX』も大好きな作品の一部ではあるが、やはりオマージュ作品だと感じた。

今回のハリウッド版『Ghost in the shell』、スカヨハ及び出演者の外見の再現は当初思ったより良かった。
ビートたけしが荒巻役なのは意外だったけど、まぁそれも許せる範囲。
TV版の少しコミカルな攻殻よりも、シリアスになるであろう(押井版ベースらしいので)。
予告編見た限りだと、ちょっと「はぇ??」みたいな背景もありましたが(笑)

気になっているのは桃井かおりの”素子の母親役”。
少なくともTVシリーズでは両親亡くなってい設定なのでどんな登場の仕方なのか??
あと、タチコマフチコマ、ロジコマちゃん達は出てくるんだろーかなーとか。

TVシリーズでも、押井版でもない新しい攻殻が観られると期待している面もあり、
いい意味で私を裏切って欲しい作品。
どうかコケないことを祈る。

とはいえ、最近ハリウッドもお金かける作品にアニメ原作やアメコミに突っ込んでる印象。
日本映画シーンのようにならないといいけど…(決して日本映画の全部がダメじゃないけどね)

『セッション』なんかは低予算ながら、震えるほどの余韻残してくれたんで
低予算映画にも期待を寄せていますぞよ。

どうか来年は豊作でありますように。


追記:本日『SWシリーズの』レイア姫役、キャリーさんが倒れたそうですが
   どうぞ快復されますように…。ささやかながら。
   ディズニーに買収されてからのSWはあまり好きになれませんでしたけど、このニュースばかりは心配です。