【番外】カサンドラ症候群と自分の現状

本日は自分の家庭のこと。

 

昨日、カサンドラ症候群についてのTV番組特集をしていたとのことで

Twitterのランキング急上昇にこの”カサンドラ症候群”が入っていた。

当事者である自分と、夫のことを書こう。

悩んでいることはもうたくさんあるし、それを言ってもきりがないのだが

ASDADHDが、医師によれば「それ、今の流行りよねぇ」と言われてしまうくらい

メジャーなものとなったので少しでも、知っていただければ…という

淡い思いとともに。

 

自分の夫はアスペルガー受動型/ADHD不注意型である。

 

それは、婚約して暫くして発覚した事だった。

今、結婚2年ほど。なお子供はいない。

また難儀なことにお姑さんもADHDの疑いがある。

いや、たぶんそういう遺伝の家系なんだと。

 

TVの特集を見てはいなかったが、たくさんの当事者がいると思う。

困っていることも様々であろうと憶測するし、

抜け穴のないトンネルを延々と掘り進めていくような、光の見えない状態が

続いて仕方のない状態になってしまっているのは当事者の方はみな思うところだろう。

それでは・・・

 

自分の夫の事(困っていること)について書きます。

・計画性がない

・話し合った約束を(紙に書いても)忘れてしまう

・何度も同じ話をする

・話し合わずに何事も始める

・集中すると生返事になり何も聞いていない

・異常な片付け下手

 

・最悪、会社から無断欠勤の連絡が来る

 

他、細かいことも色々あるが、ザっと書くとこんな。

幸いなことに、夫に約束を忘れたなど注意をしても

怒らないことが救いであるが、裏切られた気分に何度もなってしまう。

普通(定型と呼ぶべきか)なら、かなり重要な約束を忘れられていたりする。

例えば、「家族の今後の住まい」とか「家計のこと」。

 

ASDADHD当事者もつらいだろう。それも理解…しようとはしているが

このままでは自分がいっぱいいっぱいになってしまいそうで、

最近、家事の手抜きと自分の時間を持つことにした。

もうすでに”共依存”になるのかもしれないが、これ以上お互いに依存しないために

一人の時間は重要であると感じた。

 

夫についてはそれで解決こそしないものの、手段は得られた。

ただ、困っているのはお姑さんである。

これはどの家庭にも存在する問題で所謂”脳の障害”が絡んでいるとははっきり

言い切れないので、起こった事象は書くことでもないが、

ある日、スルー出来ない自分や自分の親のことをひどく悪く言われ

連絡を絶った。

これには賛否あると思うが、とても許せることではなかった。

 

現在、自分も心療内科にかかりながら生活している(不安障害で…)

ちなみに私はテストを受けたが定型であった。

この先どうなるのだろう??

あまり光が見えてこない。

 

だからまた、自分はエンタメに現実逃避を求めるんだ。

そうやって言い訳をして生きてる。