サブカル雑記:『ライチ☆光クラブ』(歌劇、映画、コミック)で思うこと多々。

f:id:TamagoHure:20170402125050j:plain

ライチ☆光クラブ

この作品、かつて80年代に存在していたアングラ劇団

「東京グランギニョル」のその”舞台”こそがいわゆるオリジナルだと思いこんでいた私が居たが今回、各インタビュー、『残酷歌劇ライチ☆光クラブの感想、

コミックの再読を含めて新しい見解が見えたのでここに書こうと思う。

 

コミック再読の前にまず私は前述の『残酷歌劇 ライチ☆光クラブ(以下、残酷歌劇)

の映像全編を観てみた。

冒頭10分で引き込まれる…振り付けが東京ゲゲゲイのMIKEYこと牧さん!

VOGUEINGを取り入れた役者の一糸乱れぬダンスシーンが

”光☆クラブ”の統率を表現させ、その退廃したディストピア的世界観にもマッチしていた。

そしてセリフ、ドイツ語の出番は少し少ないような気もしたが

古屋氏の漫画版をほぼ完璧に再現している。

そして演者であるゼラ役の中村倫也がとても麗しいのだ。


残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』【ゲネプロ】

声を荒らげるシーンでも、その声は聞き取りやすく好感触だ。

初演の※江本純子さん演出の舞台はまだ宣伝映像くらいしか観られていないのだが、

(※ギャグ要素あり、それも本来のフランス由来グランギニョルの姿である)

私は河原氏の演出したこの『残酷歌劇~』がライチの舞台では今一番好きである。

”シリアス”に徹してかつ、華やかな、一見いわゆるグランギニョルと反比例な

『残酷歌劇~』。歌ありダンスあり。見事に河原氏の『ライチ』に昇華させていた。

ネタバレになってしまうが、最後の演出で水が大量に降ってくるシーン。

これも素晴らしく、その中演技をする役者さんたちがより生々しく見えた。

丁度予定が合わずに劇場に足を運べなかったのが無念極まりない。

音楽が和田俊輔だったことも私の心を動かさずを得なかった。

舞台版『千年女優』がとても心に残る舞台でその音楽こそ和田俊輔だったのだ。

話はズレるが両舞台とも再演していただきたい。

キャストが変わっても良い公演となるだろうと期待している。

 

 

 

それと対比する以前の日記にも書いた、映画『ライチ☆光クラブ』。

f:id:TamagoHure:20170402155701j:plain

DVDを借りて観た当初は、漫画版との相違点に気持ちが行ってしまったり

配役を見ても「商業主義なんだろうなぁ」としか思っていなかった。

確かに、流行りの俳優陣ばかり揃えているが、年齢的には30歳手前の役者たち。

演技にはぬかり無いのだ。

各役者さんのインタビューや内藤瑛亮監督のインタビューを読んでいるうちに

「映画でしか出来ないライチをやる」という言っては難だが、商業主義ながらも実験的な要素が見て取れたのだ。

トーリーが少し省かれてたのは尺の問題なのか説明不足になってしまっていて

残念なところもあるが、今思えばよくやりきったとも思う。

それぞれの役は、オーディションを通じて配役されたというのも好印象だった。

古川雄輝が演ずるゼラも、完全にゼラだった。

物語の鍵を握るジャイボ役は間宮祥太朗

漫画版では口癖の「きゃは」という口癖だが、この映画では

あくまで自然に大げさにならないよう控えめに演じている。

それが余計にジャイボの異常さを際立てていた。

ゼラの死に際が漫画版と違ったりはするが、

これもこれで『ライチ☆光クラブ』なのだ、と。

 

ゼラの言葉を借りて言おう、ライチ☆光クラブとは曖昧で実体のないものなのだ。

多分。

誰かがこれから『ライチ☆光クラブ』を演じたり、撮ったりすれば、

それもその人の「ライチ☆光クラブ」になるのだ。

 

ライチ☆光クラブ』とはそういう作品だと思う。

14歳の儚く、脆く、多感な感情が起こすグランギニョル(残酷劇)。

過去から今現在~未来に通ずる問題を語り継ぐ作品なのであろう。

 

PS:古屋兎丸には感謝。この作品に出会い、もう10年も前だけど

作品を蘇らせてくれて、ありがとうございます。

これは単なるBLモノなんかじゃなくって、

もっと大切な思春期の淡くて切ない何かを思い出させてくれる作品だと私は感じました。

 

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

 

 

 

残酷歌劇 ライチ☆光クラブ [DVD]

残酷歌劇 ライチ☆光クラブ [DVD]

 

 

ライチ☆光クラブ

ライチ☆光クラブ

 

 

 

 

映画雑記:『ヘルター・スケルター』

www.youtube.com

評価:★★★★☆ 

 

いささか前に見た映画の感想。(何度も観返してしまってるけど)

公開前からちょっと楽しみにしていて、男友達と劇場に足を運びました。

蜷川実花監督の『さくらん』ではまだ磨かれていなかった鋭さが、

この映画では増していた気がする。

私は岡崎京子さんの未完に終わっている原作は読んでいないので、

映画だけの視点になってしまうが、話そう。

 

キャスティング沢尻エリカは、当時あまり好きでなかったが

この映画を見てから、彼女の魅力がわかった気がする。(謎だけどw)

とにかくハマリ役なのだ。

蜷川実花監督は仲良しさん俳優をまるっと押し込んできてるにも関わらず、

采配を発揮して各々の役柄をいかんなく光らせていた。

 

主人公”りりこ”は全身を整形したことによって、芸能界のトップまで上り詰め

しかしその整形の後遺症に苦しみ、果てには【天然美女】に世代交代させられる

という悲しい役柄だ。

女性にとって【美しい】ということはどんなに恩恵をもたらすか。

でもその【美しさの恩恵】が失われゆく時、心が壊される様をミステリアスに

かつ、ドラマチックに描き、演じている。

昔、『永遠に美しく』というメリル・ストリープ主演の映画が有ったけれど、

それをもっとサスペンスにした感じといったらわかりやすいか。

 

15禁なために、かなり過激な描写もあり、

一緒に行った男友達とかな~り気まずい空気…というより、

映画館全体がし~ん…と激マズイ雰囲気に包まれたのは今思うと笑えるが、

あのサイケデリックな映像美、映画館の大画面で見られたのは思い出となった。

 

かくいう私も、実は目を整形しています・・・。

決してこの映画の影響ではないのですが、”りりこ”のキモチ、わかるなぁ。

やはり他人は第一印象で、掛けてくる言葉も違うのですよ。

ほんとうにw

ハリウッド版『Ghost in the shell』に期待してること。

ghostshell.jp


小出しにされてた予告編から、ついに公式サイトが公開されてた。

まだまだ情報は少ないないが来年春公開の映画としては思い入れが強いので、
ぜひとも、高音質&大きなスクリーンで観てきたいと思う一作である。

元々、私は『MATRIX』の方を先に観ていて、『攻殻機動隊』は後追いした形だ。
まず『押井版:Ghost in the shell』、その後にTV版シリーズを見た私は
完全に『MATRIX』を忘れるほどのインパクトを受けた。
『MATRIX』も大好きな作品の一部ではあるが、やはりオマージュ作品だと感じた。

今回のハリウッド版『Ghost in the shell』、スカヨハ及び出演者の外見の再現は当初思ったより良かった。
ビートたけしが荒巻役なのは意外だったけど、まぁそれも許せる範囲。
TV版の少しコミカルな攻殻よりも、シリアスになるであろう(押井版ベースらしいので)。
予告編見た限りだと、ちょっと「はぇ??」みたいな背景もありましたが(笑)

気になっているのは桃井かおりの”素子の母親役”。
少なくともTVシリーズでは両親亡くなってい設定なのでどんな登場の仕方なのか??
あと、タチコマフチコマ、ロジコマちゃん達は出てくるんだろーかなーとか。

TVシリーズでも、押井版でもない新しい攻殻が観られると期待している面もあり、
いい意味で私を裏切って欲しい作品。
どうかコケないことを祈る。

とはいえ、最近ハリウッドもお金かける作品にアニメ原作やアメコミに突っ込んでる印象。
日本映画シーンのようにならないといいけど…(決して日本映画の全部がダメじゃないけどね)

『セッション』なんかは低予算ながら、震えるほどの余韻残してくれたんで
低予算映画にも期待を寄せていますぞよ。

どうか来年は豊作でありますように。


追記:本日『SWシリーズの』レイア姫役、キャリーさんが倒れたそうですが
   どうぞ快復されますように…。ささやかながら。
   ディズニーに買収されてからのSWはあまり好きになれませんでしたけど、このニュースばかりは心配です。

映画雑記:『五日物語-3つの王国と三人の女』


おとぎ話「ペンタメローネ 五日物語」を基にしたダークファンタジー!映画『五日物語-3つの王国と3人の女』予告編

 

評価:★★★★☆

ダークファンタジーが好きになった私。

早速、観ました。

小さい頃は勿論、美化されたおとぎ話しか知らなかった。

しかし私が思春期に入るくらいの頃、グリム童話を忠実に映画化した

スノーホワイト』などなど、本当はエグい童話が話題になり始めたのであり

今日、話題にする『五日物語』はグリム童話の生みの親であるグリムが

参考にしたとされる、原型の原型たる物語なわけである。

原作はもっとたくさんのお話があるようだが、映画ナイズされた三人の女性が

主人公で、同時進行するように話が展開されていく。

 

最初は交互に三人の物語が進行して行くので、少々感情移入しづらかったが、

お話が進むにつれ深く魅入ってしまった。

 

嫉妬 妬み 憧れ

 

私が今、さらされている問題って昔々から有ったもので、これからも変わることはないだろうと絶望すら感じる展開でもあったが、ラストは爽快(かもw)で

納得の行く充実の内容でした。

中でもハイヒルズ国の王女、ヴァイオレット王女。

夢見る乙女から、素晴らしく成長します。これには共感!

私の精神年齢に近いのかもですね…w

 

少し内容から離れますが、この映画の素晴らしい点である衣装

衣装ライクから映画を選んでしまう私にとっては、あらゆるアパレルブランドと

コラボしているだけあってすごく期待してましたのです。

いや、実際かなり素晴らしい衣装なのですが、残念なトコ一つ!

衣装が引き立つカット割りがあまりない…

あー、とても素晴らしい衣装なのにもったいない。

監督が見せたいのは豪華絢爛なおとぎ話ではないので、仕方ないのかもしれないですが。

その代わり、古城でのロケはかなりスケールもあり趣があって◎でした。

イタリアの映画ということで、ワインでも嗜みながらどうぞ、という映画でした。

 

 

映画雑記:『ライチ☆光クラブ』

評価:★★☆☆☆

古屋兎丸さんの絵が好きなのだ。
もちろん、影響を受けていた丸尾末広さんの絵も大好き。
世界観も好きですがな、現代ではないアノ感じ(特に丸尾末広さんは昭和の人ですので。)

なわけで、昨今の実写映画化ブームに乗っかったであろうこの映画を見てみた。
実を言うとちょっと楽しみにしてた。

元はと言えば、「東京グランギニョル」というアングラ劇団が演じていた演目の一つ。
残念ながら私は”生まれたて”位の時代の劇団だったためにリアルタイムではお目にかかれなかった。
グランギニョル出身の嶋田久作さん出演の『帝都物語』は幼ながら、強烈にインパクトに残っていますが、
本日は『ライチ☆光クラブ』を。

さて前置きが長くなってしまいましたが、映画の感想。
元の演劇を見ていないのと、古屋さんの演劇の見解と比較できないのが残念なところではありますけど
物語としては面白かったであります。
少年たちの友情と、その破滅…それに隠された真実。
グロい表現もありますが、”いかにも作り物でーす!”感のある感じに仕上がってますので
トラウマになるまではならぬです(それなりに耐性は必要ですが…)

退廃したような世界観、廃工場や未来なのか過去なのかわからない時代感、良く表現されてると思います。
それぞれのキャラに関しては、もう好き好きなのかなぁ…と。
私めは”ジャイボ””雷蔵”が面白かったですけどね。

これは映画じゃなく、やはり演劇で見るものなのかなーというのが最終的な感想でした。
グランギニョルではありませんが、近年頻繁に再演されてますので
機会があれば赴いてみようと思います。(チケット高いのよねーw)

本日は以上でございます。

30代も半ばを過ぎて。


AyaBambi workshop @Taiwan Q Hey Cut the Crap 2015

 

AYABAMBI、言わずと知れた世界的ダンスユニットであり、ご夫婦。

セケンにはまだまだ同性が”カップル”であったり”夫婦”であったり、

またパートナーであることが異質なようである。

 

私は高校時代に同性を好きだったこともあるし、現在は

考え方の変化により、同性でもパートナーとして受け入れられる。

でも今、恋愛する気はないけど~(笑)

 

仕事をしてるとしみじみ、「女性は子供がいないと~~」

なんて小言を言われたりするけど、今は男性は眼中でないのよ。

もっと広く視野をお持ちなさいよ、そう言ってるあなたの隣には

様々なジェンダーがいるのよ、と言ってやりたい。

TVの中の世界だけじゃなくて、現実を見て欲しい。

 

もっとそういう事をOPENに働ける世の中だったらどんなにいいだろう。

 

巷で話題のってことで、拝聴してみた。

 

THE BAY

THE BAY

 

 Suchmos、全くメンバー予備知識なしで、

「今話題ですよ~~」

ってなことで聴いてみましたサチモス。

ジャミロクワイが好きなら好きでしょう」みたいなことはチラホラ

耳にしてたんで、すんなり耳馴染みよく聴けましたよ。

特筆すべきはベース!ベースライン格好いい、超かっこいい。

これはジャミさんにもなかった要素で、ベースのグルーヴ感半端ないです。

 

車持ってたら、間違いなくドライブしながらかけたいアルバム。

JAZZ POPとかACID JAZZすきならずとも、洋楽好きな人にも◎かな。

最近はMETAFIVEにお熱なもんで、他のもの聴いてなかったのですが、

良いもの発見できました(今更…?)ですが。

 

METAについてはまた後述しますわ~。あれはもう切っても切れない

私の歴史が集まったようなバンドですから。

 

今のところ、ここまでで。ではまた!